皮膚科専門クリニックの医療レーザー脱毛
  • VIO脱毛セット
  • 脚の脱毛セット
  • 腕の脱毛セット
  • 男性の方はこちらへ
レーザー脱毛の部位

レーザー脱毛であっても1回の照射で完了はいたしません。人によって程度が違いますが、通常脱毛完了までに5~6回程度の照射が必要です。でも、『いきなりコースを組むのは心配。痛みはどの程度なの?』などの不安があれば、一度初回のお試しプランを実施されることをおすすめします。脱毛に関してのご質問はかわの皮膚科までお気軽にご相談下さい。

当院の医療レーザー脱毛について

当医院のレーザー脱毛は・・・

ライトシェア・デュエット

医療用光学機器メーカーとしても世界でトップクラスの実績を誇るルミナス社製造の最新医療用脱毛機「ライトシェア・デュエット」を導入し、医師の指導の元、徹底した技術研修を行っています。

レーザー脱毛の良さはなんといても施術前に手入れいらずなこと。
痛みがほとんどなく、肌へのダメージも少ない『ライトシェアデュエット』を選ぶ患者が増加しています。

最新のライトシェアデュエットは、照射部位を吸引しながら照射を行います。
このような独自吸引システムにより痛みを大幅に軽減することを実現しています。

皮膚を吸引してのばして広げることにより、レーザーが皮膚に含まれるメラニンへ吸収されるのを防ぐ効果があります。
そのため、ターゲットの毛に対して効率的にエネルギーを加えることを可能とし、今までのレーザー脱毛器よりもすくないレーザ出力でも、より痛くなく、効果を発揮できるようになっています。更に、皮膚へのダメージを最小限に抑えることも実現しています。

注1)
最近のレーザー脱毛(減毛)は、高級宝飾として有名なアレキサンドライトを利用した“アレキサンドライトレーザー”と、半導体を利用した“ダイオードレーザー”が主力です。

ちなみに、エステサロンが脱毛に使用しているのは照射力の弱い「光脱毛」(IPL)です。アレキサンドライトレーザーは、肌の色の黒い方(日焼けなど)や、うぶ毛の処理は、あまり得意ではありません。

ダイオードレーザーは、日本人の肌質や毛質に適しており・・・
レーザー照射の出力調節が出来るため、うぶ毛にも強いと言われています。
ダイオードレーザーは、医薬品および機器の許認可において世界的に権威があるアメリカ食品医薬品局(FDA)に認可されています。

当院のレーザー脱毛の経験は10年以上です。

医療資格を持った皮膚科専門医が常駐しています。

もしものトラブルにも、すばやく対応できます。

皮膚のトラブルを抑えるため・・・

レーザー施術後には、医療機関でしか処方出来ない「炎症止めステロイド乳液」、 もしくは「炎症止めステロ イドクリーム」を差し上げます。 (もちろん、料金はかかりません!)

レーザー脱毛に注力する当院では、美容化粧品の販売や勧誘などは一切ありません。

医療レーザー脱毛とエステ脱毛の違い

  • 医療機関の脱毛

    • レーザーの出力が強く短期間での脱毛が可能
    • 最新冷却装置により痛みを最小限に
    • 5~6回程度の通院、短期間のため比較的安価
    • 医師や看護師がアフターケアまで対応
  • エステの脱毛

    • エステの脱毛は光脱毛という出力が弱い機械を使用
    • 脱毛後に高額なローション等の物品が必要
    • 効果が弱く数十回ほど通う必要がある
    • 施術後のトラブルに専門知識がないため対応できない
  1. 1,医師法17条によって医療機関以外での永久脱毛行為は認められていません。
  2. 2,レーザー機器は医療機器です。保健所に認可されている医療機関でしか使用できません。
  3. 3,エステでレーザー脱毛を行う事は法律上許されていません。エステで行っている脱毛行為は「発毛を遅らせる行為」のみです。

低価格でのご提供

当院は、皮膚科診療を中心として運営しています。

そのため、レーザー脱毛料金を高く設定する必要がありません

来院1回ごとのお支払いが可能。

レーザー脱毛は、ひとつの部位につき、4~6回の照射が必要です。(但し、個人差はあります) 当然、照射すればするほど→脱毛の効果は高くなりますが・・・ その分、エステサロンや医療機関に支払う金額も多くなります。レーザー脱毛を経営の中心としている多くのエステサロンや、一部の美容形成外科では、その点に着目しました。そして、“料金一括払い”という「コース制」や「チケット制」を導入しました。
当院でも、患者様によりお安くよりよい治療を受けていただくため、コースを設定しております。
しかし、場合によっては、“一回ずつ”=毎回支払った方が安心という患者様もいらっしゃいます。
そういった患者さんのお気持ちにも対応できるよう、当院では1回ごとのお支払いにも対応しています。

お客様の声へ

当院は、出来るだけ多くの方にレーザー脱毛を体験してもらい、その“効果”や“成果”を広く世の中に証明するお手伝いをしたいと考えております。

そのため、出来るだけ料金を低く抑えています。あなたも是非一緒に、その大いなる“ミッション”を担う一員になりませんか?

私たちの理念へ

当医院は、レーザー脱毛のニーズが一番高いワキ(両脇)の
通常価格10000円を → 特別価格“5000円”で行います!!

当院は土日、および平日は夜18時30分まで施術を行っています。
ご予約は →フリーダイヤル0120-685-121にてお待ちしています。

料金表はこちら

毛の仕組みについて

毛の仕組みについて

<毛のしくみ>

毛のしくみ

毛は、大きく分けると表皮から上の部分を「毛幹」、表皮より下の「毛根」に分けられます。毛根部の一番下のふくらんだ部分を「毛球」といい、この毛球の中にある毛母細胞が栄養を取り込んで、毛を成長させていく仕組みになっています。
この毛母細胞に栄養を届けるのが、毛球の先端部にある「毛乳頭」です。
毛乳頭には、毛を成長させる栄養分を運ぶための毛細血管が多く存在しています。
「毛を抜く」ことによって、毛そのものは抜いた直後なくなりますが、毛をつくるもととなる毛母細胞や毛乳頭は残っているままなので、やがて毛がまた作り出され、生えてくるのです。

毛の生え変わるサイクルについて

毛には「成長期」・「退行期」・「休止期」といったライフサイクルがあり、毛根に対して十分な熱量が与えられる「成長期」に照射した分のみが永久的に脱毛されるといわれています。医療レーザー脱毛は毛乳頭の黒い色(メラニン色素)に反応し破壊させ、生えている毛を確実になくすため、この毛乳頭に効率よくレーザーを照射させるよう、毛周期に合わせたレーザー脱毛をおこなっていきます。

<成長期>
毛母細胞が分裂を繰り返す盛んな時期。
毛が成長する期間。
⇒毛乳頭にダメージを与えやすく、
 レーザー照射に最適な状態。

<退行期>
毛の成長が止まり、毛が抜けるまでの期間。
⇒毛根から毛が離れている状態のため
 レーザー照射が反応しない状態。

<休止期>
毛が抜け、毛母細胞の活動が止まる。
次の成長を始めるまでのスタンバイ期間。
⇒細胞分裂が活発ではないので、
 レーザー照射をしても反応しない状態。

<成長期>
成長期

毛が成長している
時期

<退行期>
成長期

毛の成長が
止まっている時期

<休止期>
休止期

毛が抜け落ちる
期間

脱毛が1度で終わらない理由

脱毛の長期的イメージ

医療レーザー脱毛を受診いただく患者さまから「脱毛にはどのくらいの回数が必要か」というご質問をよくいただきます。
毛には毛周期があり、そのタイミングに合わせて脱毛をおこなわないと無駄に回数がかかってしまいますが、逆に毛周期に合わせれば一度で脱毛が完了するということでもありません。
私たちが目に見えている成長期の毛(皮膚の表面上に出ている毛)は、全体の毛の約30%といわれています。
これは生えている部位や毛量の個人差により変わってきますが、それぞれの毛がバラバラの毛周期のうえで生え変わっているためです。
レーザー照射に適した期間(成長期)に1度でレーザー反応するのは全体の一部なので、そのときにレーザー反応しなかった毛(退行期や休止期中の毛)が成長期になるのを待ち、2度目は1度目に反応しなかった毛にレーザーの照射を行っていきます。
これを複数回繰り返す必要があるので、脱毛には回数がかかってしまうのです。
また、休止期の毛が生えるタイミングを待って次回の照射をしなければならないため、例えばワキの場合は毛周期約1.5~2ヶ月に1度のペースで脱毛をおこなうこととなります。
脱毛は部位によって回数や毛周期が変わりますが、およそ1年前後で脱毛が完了します。

医療レーザー脱毛を受ける際の注意点

医療レーザー脱毛でも、完全に毛がなくなるにはある程度の時間がかかります。
かわの皮膚科では、一回の施術をよりスムーズに効果的にするために、患者様に脱毛前に以下のポイントを注意していただくようお願いしています。

  1. 脱毛施術の前日までにシェービングをお願いいたします。

    医療レーザーは毛根のメラニン色素にダメージを与えることによって脱毛します。 毛が長い状態だと、毛根まで光エネルギーが届かず、十分な脱毛効果が得られない可能性があります。 ただ、毛根は残しておく必要があるため、毛抜きや脱色は避けていただき、シェービングをお願いいたします。

  2. 素肌で施術を受けましょう

    毛穴までしっかりレーザーが通らないと、十分な脱毛効果が得られない可能性があります。 毛穴をふさぐメイクや日焼け止めはしっかり落としてから施術を受けてください。 また、制汗剤も毛穴をふさいでしまう可能性があります。 夏場に脇毛を脱毛する際は、しっかり落としてから施術を受けていただくようお願いします。

  3. 生理前後の脱毛を避けましょう

    生理前後の肌はとても敏感です。ホルモンバランスの影響で、乾燥や肌荒れなどトラブルの原因になってしまうこともあります。 また、痛みや刺激に敏感になるので、いつもよりも痛みを感じてしまう可能性もあります。 なるべく生理前後を避けて脱毛の予定を立てることをオススメします。
    初めて脱毛する人にとっては分からないことや不安もあると思います。 当院では事前に院長によるカウンセリング(予約制)を受けることができるので、不明点や不安をしっかり解消してから施術を受けていただくようにしています。

医療レーザー脱毛を受けた患者様の声

  • 30

    以前は毛が濃くて素足で歩くことができませんでした。 2回程脱毛していただいて、ずいぶん少なくなり細い毛はほとん […]

  • 31-2

    1.どのくらい効果があるのか、費用なりの成果が出るのか。 2.カミソリで肌自体をキズつけてあれてしまっていたの […]

  • 32

    1.脱毛は、痛いイメージがありましたが、思ったより痛くなくおどろきました。こんなことであれば、もっと早くに、レ […]

  • 33

    職業柄、毎回髭を剃ってから行かなくてはならず、また、早朝の出勤日もあり、剃る時間を作るのも難しかったが、当院で […]

患者様の声一覧はこちら

アクセス

かわの皮膚科までのアクセスマップ

・都営新宿線大島駅A4出口より左へ3分、
 都営バス 中の橋バス停前

・JR亀戸駅からは、バス 北口より
 「亀24」「草24」 中の橋通り下車
 (15分位です)

〒136-0072 東京都江東区大島6-30-14

TEL:03-3685-1211
FAX:03-3685-1352

都営新宿線大島駅より

  1. 改札を出たら右方向です。

  2. 左手のエレベーターを
    ご利用ください。

  3. 出口から左方向に直進です。

  4. 横断歩道から、
    約150メートルです。

  5. 消防署の正面が
    「かわの皮膚科」です。

JR亀戸駅よりバスを利用

  1. JR亀戸駅北口より
    バスで15分です。

  2. 3番乗場から
    ご乗車ください。

  3. 「亀24」「草24」のバスを
    ご利用ください。

お車でお越しの場合

「大島6丁目」交差点近くにコインパーキングがございます。

施術時間   電話受付時間
月・火・水・金
10:00~18:30
木:10:00~13:00
土:9:00~17:00
日:9:00~14:00

10:00

13:00

9:00

17:00

9:00

14:00

  月・火・水・金 10:00~18:30
9:00~17:00
9:00~14:00
お気軽にお問い合わせください。 0120-685-121 東京都江藤区大島6-30-14 新大橋通り、中の橋バス停前 都営新宿線大島駅より徒歩3分